足のしびれは年齢のせいだとあきらめていた。厚生労働省が認めた医薬品を飲んだら昔のように元気に!

私は、腰痛と足のしびれにずっと悩んでいます。
これは年齢のせいだからこの痛みに慣れていくしかない…と思っていました。
でも、日に日にしびれがひどくなるように。
日常生活に必要な家事はおろか、朝ベッドから起き上がるのも辛くなりました。

ガラスにうつる自分の姿を見てびっくり

ある日、ずっと家にいてもしんどいので、気分転換をしようと思いショッピングにでかけました。

いろんなお店でショッピングを楽しんでいたところ、お店のガラスにうつる私の姿を見てびっくりしました。
「えー?これだれ?歩き方が変!腰もまがっている。まるでおばあさんみたい…。」
痛みをこらえながら歩いているから、姿勢がわるくなっていたのです。

自分の姿を見たあとあまりにもショックで何も買わず、放心状態で歩いて帰ってきました。
「こんな姿じゃ恥ずかしくてどこへも行けない。誰にも会いたくない。」と。

この姿を見てから、私の気持ちはさらに落ち込みがちに。

娘にすすめられた医薬品を飲んでみた

ある日。娘から郵便が届きました。
「お母さんがしびれに悩んでいたから、いろいろ知らべてみたんだけど、口コミがすごくいいの。このお薬よさそう。飲んでみて!」と。
また、なにかのサプリメントだと思っていました。
でもせっかく娘がすすめてくれたんだからと、「わかった試してみるね。」といいました。

最近、体のだるさやしびれがひどく、体力の限界を感じていました。
痛みやしびれに悩んでいるせいか、顔色も悪くさらに老けたように感じるほどに。
もう年だからしょうがない。このしびれに付き合っていこう…。
そう思っていたのです。

でも、娘が心配していたので、ダメ元で届いた薬を飲み続けました。
娘が心配して、たびたび電話をしてくれます。

その後のことです。

    • 飲んで一週間。
      なんとなく体のだるさがとれた。朝もスッキリ起きられるように。
    • 一ヶ月。
      一日中しびれに悩まされるということが減りました。
      友だちと話していると、しびれがあったことを忘れてしまうほど。
    • ニヶ月。
      しびれが完全になくなりました。
      娘にも「すごく元気になったね!肌艶がよくなってる。」といわれる。
      年齢のせいだとずっとあきらめていたけれど、まだまだ楽しいことができそう!
      これまでの人生で一番元気になれました。

インターネットで調べてみると、この薬はAmazonランキングで1位をとっている商品で、大人気だとか。
それほど多くの人が試してみてよかったということがわかりました。

私が試した医薬品は「アユミンS」です。
この薬を飲んだおかげで、私の人生は変わりました。

 

(Twitter風口コミ)

SNSでもアユミンSをみつけました。

・しびれに効く薬を見つけた。
病院で、「このしびれと付き合っていくしかない」といわれたけど
アユミンSで元気になれた!
まさか、しびれに効く薬があるとは。友達に感謝しています。

・やった!これで外出できるようになる
足のジンジンが治った!
普通に歩けるようになったので、散歩もできる。
明日はどこにいこうかな?

とてもよかったという口コミがいっぱい!

もっと早くアユミンSについて知りたかった。
織田和夫様/55歳/使用期間(2ヶ月)★★★★★5
10年以上、足のしびれに悩まされてきました。何をしても足の感覚がおかしいので、病院に行ったり、鍼灸院に行ったりしてみたのですが、どれも効果がありませんでした。アユミンSにもっと出会っていたら、私の人生はもっと楽しく過ごせていたとおもいます。

しびれや痛みを我慢しなくてもよくなりました。
川崎和歌子様/50歳/使用期間(3ヶ月)★★★★★5
いつも足のしびれや腰痛に悩んでいました。痛み止めを飲んだり、湿布を貼ったりしましたが、その場しのぎにしかなりません。気分もふさぎ込みがちでしたが、アユミンSを飲んでから、しびれや痛みを我慢しなくてもよくなりました。毎日、楽しく過ごせるのはアユミンSのおかげです。

明日の予定を考えるのが楽しみになりました。
佐倉直虎様/65歳/使用期間(2ヶ月)★★★★★5
足のしびれにずっと悩んでいました。周りの人に「年のせいだから我慢するしかない」といわれ、何もかもいやになりました。アユミンSに出会ってからは、足のしびれもすっかりよくなりました。最近では、明日の予定を考えるのがとても楽しいです。明日は、お弁当を持って、ハイキングをしたいと思っています。

アユミンSは腰痛と足のしびれに効果があると認められた医薬品

アユミンSはサプリメントではありません。
厚生労働省が効果を認めている第三類医薬品です。
でも、こんなに簡単にしびれや腰痛が治るってなんか不安…という方もいるかもしれませんが安心してください。
アユミンSは100年以上も続く老舗製薬企業がこれまでの経験と知識をいかした昔からの製法を使って作り続けた医薬品です。
大正時代からある至誠堂製薬という製薬会社が作った医薬品なので安心して飲むことができます。
だから、多くの方が飲んでいるのです。

あたらしい洋服を買って、お出かけしたくなりました。
高瀬由香様/50歳/使用期間(3ヶ月)★★★★★5
最近、腰痛がひどくなってから、おしゃれにも興味がわかず、洋服もずっと同じものを着ていました。このままでは、ますます老けてしまうと思っていたころ、友達にアユミンSを紹介してもらいました。アユミンSを飲んでから、とても体の調子がよくなり気分も明るくなりました。最近、新しい服を買ったので、友達とお食事に出かけようと思っています。

孫と一緒に遊べるようになりました。
川辺夏子様/65歳/使用期間(1ヶ月)★★★★★5
数ヶ月前までは孫に「公園に行こう」といわれたらしぶしぶ行っていました。アユミンSを飲んでからは、自分から公園に行こう!と孫にいっています。太陽の下で一緒に過ごせるのは本当にうれしいです。

家族の笑顔が増えました。
中橋愛子様/70歳/使用期間(2ヶ月)★★★★★5
これまで、腰痛や足のしびれに悩まされていたので、寝込む日も多かったです。そんな姿を見た家族は、いつも悲しそうにしていました。私もとても申し訳ない気分になりました。ある日、同じなやみを持っていた友達にアユミンSを紹介してもらいました。この薬を飲んでからとても体調がいいです。家族もニコニコしてくれるようになりました。

足のしびれや腰痛がおこる原因とは

平成28年度の厚生労働省の調査によると、手足のしびれを感じている人は50歳代は36.8%、60歳代は54.4%、70歳代は76.8%と報告されています。
https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/k-tyosa/k-tyosa16/dl/16.pdf
このように、年齢を重ねるにつれてしびれに悩む人が増えるのです。

足のしびれや腰痛には、「椎間板ヘルニア」の症状としてよくあげられます。これは、背骨の椎骨と椎骨の間のクッションである軟骨が加齢などにより変性し、その一部が外に出てしまうため神経を圧迫します。重いものを持ったり、急に動いたりするとしびれや痛みが強くなる場合もあります。
また、長い間同じ姿勢で作業する、無理な動作をすることで起こることもあります。

アユミンSが手足のしびれや腰痛に効く7つの成分とは

アユミンSには下のような成分が配合されています。

  • フルスルチアミン塩酸塩
  • ニコチン酸アミド
  • パントテン酸カルシウム
  • ピリドキシン塩酸塩
  • トコフェロールコハク酸
  • シアノコバラミン
  • ガンマオリザノール

わかりやすくいうと、これらの成分は、神経の損傷を修復し、血液循環をよくさせ、しびれや痛みなどをやわらげます。

今ならたった1.980円でアユミンSを試すことができる!

なんと今。公式サイトでアユミンSを購入すると、通常価格6.819円(税別)がなんと1.980円(税別)で手に入れることができるキャンペーンをおこなっています。
送料・手数料は無料なので、安心して何度でも注文できます。
さらに、◯回以上購入しなくてはいけないというしばりもありません。
今、このページで申し込めば、ずっと約14%オフの割引が続きます。

これまで購入したことがある人は後悔しているとか。このキャンペーンは期間限定なので、この機会に試してみてください。
キャンペーンが終了したら、通常料金に戻ります。

今回だけの大サービス。お得なプレゼントももらえます!

今、ご覧になっているページから申し込んでいただくと、「グルコサミン・コンドロイチンのサプリメントがもらえるキャンペーンをおこなっています。
グルコサミン・コンドロイチンは、階段を上がったり降りたりする、外を歩くなど、体の動きをなめらかにするためにサポートします。
通常、有名なグルコサミン・コンドロイチンのサプリメントを購入すると、2,000から4,000円はかかります。
今回、アユミンSを購入する金額以上することも。
こちらも、今回のみです。このページを離れてしまうと、プレゼントはもらえない可能性があります。

最後に

アユミンSは多くの方にご利用いただいていることから、大人気商品となっています。もし、下のような画像が出たら購入することはできません。
もう一度公式サイトをご確認ください。

気になるけど、もうちょっとじっくり見てからにしようと思ったあなた。明日は、購入できないかも。
手足のしびれや腰痛で困っている方は、ぜひこの機会に試してみることをおすすめします。

インターネットから申し込むのはちょっと不安。申し込み方がよくわからない方は、お電話でも申込みができます。
お薬について相談することもできるので、気軽にお電話してみてください。